返済計画を立てる

キャッシングサービスを受ける時には、どのように返済していくか、返済計画を立てておきましょう。

金利が高いから急いで返す計画よりも、月々無理のないように返済していける計画を立てるようにしましょう。確かに返済期間が長くなりますと支払い総額が増えてしまいますが、毎月の返済金額は少なくなり、負担は減ります。短期間での返済計画は無理がかかり、キャッシング返済のためのキャッシングを行わないといけなくなったりする場合があるのです

お財布

ただし、無闇に返済期間を長くしますと利息が大きくなってしまいます。無理なく支払えて、利息もそんなには高くならない支払い期間はどのように計算すればいいのでしょうか。

実は、キャッシングサービスを提供する企業のサイトの多くには、返済シミュレーションという便利な機能がついています。例えば、キャッシング希望金額や、金利、希望する返済期間を入力しますと、毎月の返済金額や、返済合計金額が自動的に計算されて出てくるのです。この返済シミュレーションを活用すれば、キャッシングに対していくら返済する必要があるのか、適切なキャッシング期間はどれくらいなのか、毎月の支払額はどれくらいになるのかがよくわかり、はっきりとした返済計画を立てることができるのです。

初めてキャッシングサービスを受ける前に必要な基礎知識についてご理解いただけましたでしょうか。賢く、無理なく、便利なキャッシングサービスをご利用ください。

〈参考サイト〉http://noloan.com/
キャッシングサービス❝NOLOAN❞のサイトです。

キャッシング申し込み

インターネットでの申し込み、電話での申し込み、店舗や無人機での申し込みが可能です。第一審査として、個人情報と質問事項を申告します。内容は、名前、電話番号、メールアドレス、年収、住居が持ち家か賃貸か、住宅ローンがあるかないか、居住年数、勤務先情報、家族構成、融資希望金額、他社からの借り入れの有無、などです。

運転免許証第一審査に通りますと、必要書類を郵送やファックス、写真をメールしたりといった方法で送ります。必ず必要な書類は本人であることを確認するための運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。これらの書類と現住所が違う場合は、現住所を証明する書類が必要な場合があります。

キャッシングの希望金額が50万円以上の場合や、他社での借入金額と融資希望金額の合計が100万円を以上になる場合は所得を証明する書類である最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、直近2か月の給与明細書、1年分の賞与明細書が必要になります。

これらの書類の提出により、最終的な審査の結果が出ます。審査が通れば、お金を受け取ることができます。店舗や無人店舗であれば、その場でお金を受け取ることができますし、キャッシングカードを発行してもらえる場合は、金融機関やコンビニのATMでキャッシングが可能になります。

利息の計算方法

電卓初めてキャッシングをする場合に、気になるのが金利です。各企業サイトによりますと、現在のキャッシングの金利は、銀行本体、大手消費者金融、信販会社と企業により多少の差はありますが、ほぼ3%〜18%くらいとなっています。

借りた金額にどれくらいの利息がかかるのかは、簡単に計算できますので、計算式を知っておきましょう。利息計算の公式は、「借入残元金×実質年率÷365×利用日数=利息金額」となります。まず、借入残元金×実質年率の部分で1年分の利息を計算し、次に1年分の利息÷365日で1日分の利息を計算し、最後にその1日分の利息×利用日数で、利用した日数分の利息が算出されるという考え方です。

例えば、10万円を年率18%で借りて、毎月1回、10回払いで返済する場合を計算してみましょう。10万円×0.18÷365日×30日で、返済第1回目の利息は1,479円になります。1回目の返済金額は、10万円の10回分割ですので1万円+利息の1,479円、合計11,479円となります。2回めの返済時には、借りた元金が9万円に減っていますので、9万円×0.18÷365日×30日で利息は1,331円となり、1万円+1,331円=11,331円が返済金額となります。元金が毎月1万円ずつ減っていきますので、利息も減っていくわけです。

様々なキャッシング

突然の出費があり、急にお金が必要になった時、キャッシングサービスは心強い味方になってくれます。しかし、キャッシングサービスを賢く利用するために、事前に理解しておいた方がよい点がいくつかあります。このサイトでは、初めてキャッシングサービスを利用する方が必要な基本的な知識をご説明させていただきます。

ATMキャッシングサービスを提供する企業には、様々な種類があります。まずは銀行本体によるキャッシングです。個人が借り入れることができる総額は年収の3分の1までに制限されるという総量規制と呼ばれる貸金業法によって定められたルールがあるのですが、銀行本体によるキャッシングの場合は銀行法が適用されますので、総量規制が適用されません。発行されるカードにより銀行やコンビニにあるATMを利用しての融資や返済が可能になっています。

次に大手消費者金融によるキャッシングです。銀行傘下にある消費者金融と、独立した消費者金融の2種類があります。総量規制が適用されますが、銀行傘下にある大手消費者金融の場合、信頼性が高く、カードによるサービスや利便性に優れています。

次に、信販会社カードローンやクレジットカードによるキャッシングです。多くの信販会社がキャッシング専用のカードを発行しています。キャッシングやローン機能のあるクレジットカードも多く、発行時に自動的に付加されているものもありますし、後から付け加えることも可能です。信販系カードローンとクレジットカードローンにも総量規制が適用されますが、利便性が高く、信頼性、サービスにも優れています。